【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

2019年7月29日

こんにちは、ななへ(@kosodate7_blog)です!

息子が0歳の時からこどもちゃれんじを受講し始めて、現在は年長児向けの「じゃんぷ」の思考力特化コースを受講中です。

6月号のワークも全て終わったので、内容と併せて感想を書いていきたいと思います。

こどもちゃれんじの受講を検討中の方、コースの選択を迷っている方は参考にして下さいね😀


6月号で届いたものを紹介

6月号で届いた物はこんな感じです!

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

6月号の内容 キッズワーク
思考力ぐんぐん
考える遊びセット(はんたいことばゲーム)
保護者向け冊子
DVDケース(受講費12ヶ月分一括払い特典)
その他広告類

キッズワークのメインテーマは「時計」

キッズワークの問題数は30問、ページ数は答えのページも含めて64Pでした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

ワークの内容は、

数量

時計の読み(正時・半)
時計の流れ
計数・集合数
数の合成・分解
長さの比較
多い・少ない

言語

ひらがなの書き
ひらがなの読み(拗音)
カタカナの読み・書き
反対の意味の言葉
しりとり

図形

影絵
図形の認識・仲間分け
間違い探し
図形を真似して描く
立体の見え方
重なった図形

論理

条件迷路
複数の中から条件に合うものを考える
条件整理
系列

先月はキッズワーク、思考力ぐんぐんのどちらもメインテーマが「平面図形」でした。

どちらのワークを開いても、タングラムカードの問題が多くて、「またあなたですか…」状態。

↓↓5月号の記事はこちらから↓↓

6月号ではメインテーマがそれぞれ違ったのでほっとしました。

今月号のキッズワークのメインテーマは、数量のテーマの中の「時計」。

今月号から9月号までは「じゃんぷ時計プログラム」が続き、プログラムでは最終的に「時計を見て行動」を意識出来るようなワークの内容となっているそう。

数量

数量の問題は、今月のメインテーマの「時計」の問題が多め。

時計の読み(正時・半)の問題は、絵の中の時計の時間に合うシールを貼ります。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

30分刻みの時間に合う時計シールを貼っていく問題は、起床→朝食→歯磨き…といった朝起きてからの流れ的な絵が描かれています。

それにしてもこのペンギンは、朝からいろんな活動をし過ぎな気もしますが…(笑)

時間の流れ・計数の複合的な問題もありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

2枚の絵を見て、設問の答えの絵は何時かな?と考える問題です。

設問は数を数えたり、増えた・減ったを比べるもの。

他には、4つの絵の時計を読む→その通りの順番で迷路をすすむ問題もありました。

10時→10時半→11時→11時半…と時間の流れを掴んでいくことが出来る問題でした😀

数量の問題では他に、数の分解や合成の問題がありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

数の分解は、同じ数で分けるにはいくつといくつにしたら良いか考える問題です。

シールを交互に一枚ずつ貼っていくと答えが分かります。

数を数えて、その数字を書く練習にもなります

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

数の合成は、ふたつの数を合わせるといくつになるか、という問題。

足し算ですね😀

これもシールを貼っていって数えるので、流れ作業的に分かるみたいです。

言語

言語の問題は、書き取りの問題が多めです。

ただ書くだけでなく、しりとりになるように穴埋めで書いていく問題や、絵を見てクロスワードのように解く問題もありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

息子は書き取りが苦手で、言語以外の問題でも答えを枠の中に書く問題が増えてきたので苦戦しています。

お手本を見て真似して書く、ということも苦手なようで繰り返し練習していけば書けるようになるのか少し不安です。

カタカナの読みは、濁音や半濁音などをきちんと読めるかという問題でした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

カタカナってなぜか間違えて覚えてしまうこと多いですよね。

今月も反対言葉の問題がありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

今月はまずはシールを渡さずにやってみました。

シールを先に渡してしまうとその中から答えを探してしまうので、まずはどれくらい答えられるのか試してみました。

選択式の問題を記述式にする…って感じですね😀

図形

図形の問題では、仲間分けが少しレベルアップしていました!

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

それぞれの仲間の分け方がばらばらなので、どこが同じなのかを見つけないといけません。

同じ色の仲間なのか、同じ形の仲間なのかを考えます。

重ね図形の問題は初めてだったので、理解するのに時間がかかりました。

ⅴ【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

右ページ側の問題が、どこに注目したら答えが分かるのかということをどうやって気付かせようかと悩みました。

論理

論理の問題は、条件が複数あって少し難しくになった印象でした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

文章をしっかりと読んで、ひとつずつクリアしていくクセを付けてもらいたいですね😀

思考力ぐんぐんのメインテーマは「形容詞」

今月の思考力ぐんぐんは「形容詞」がメインテーマでした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

言語数量図形論理の問題がありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

どのテーマも8問ずつで、全部で32問でした。

言語

メインテーマの形容詞の問題が半数でした。

おおきい・かたい・あまい…など、形容詞を使って説明するという問題が多かったです。

最初は形容詞ってどんなものかが分かるように、使えそうな形容詞の例がヒントとして書かれている問題、仲間で分ける問題からスタート。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

実際にいくつかの形容詞を、仲間分けしていくことでどんなものが形容詞なのかが分かってきます。

子どもは形容詞で説明するという意識はないですが、ものの説明をするときに「〇〇い」と形容詞で言うことが自然と出来ていました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

食べ物の名前を言わずに形容詞で説明して、どれのことを言っているか当てる問題はゲーム感覚で楽しそうでした😀

自分のことを説明する問題は毎月あるみたいですね。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

質問に対して単語で答えるのではなく、文章で答える練習になります。

数量

数量は、数を直観で判断するもの・数の構成・順序数・広さ・等分などの問題がありました。

数の多い・少ないをひとつずつ数えないで判断する問題は、こんな考え方をするのか~と思いました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

同じ数のまとまりを見つけたら囲んで、どちらが多いかを判断する方法でした。

大人はぱっと見で分かってしまいますが、まだそうやって判断できない息子にはこの方法は良いみたいです。

ひとつずつ数えるよりも正確だし速いです😀

数の構成の問題は、2つの数を合わせて決められた数にするというもの。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

6を作るには、いくつといくつを合わせたら良いのか複数のパターンを見つけられます。

図形

図形の問題は、タングラムカードを使う図形の構成の問題・立体の図形の展開図・図形の分割などがありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

どうやって理解しているのかは分かりませんが、こういう問題はぱっと解いています。

私は図形問題苦手なのですごいなぁと感心です(笑)

キッズワークにもあった重ね図形の問題もありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

ぐんぐんでは、1番上だけでなく1番下も問われます。

1番上は見えているものだけれど、1番下は上に乗っかったもので隠れていたりするのでキッズワークの問題よりも少し難易度が高いですね。

同じ図形を探す問題は少し難しそうでした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

図形が回転しているので、頭の向き傾けて考えていました。

私も教えながら「あれ?これであってる?」となってしまいました😅

論理

論理の問題は、関係推理・複数の道順を全て見つけるもの・規則性や法則性・仲間分け・因果関係などの問題がありました。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

絵を見て、最後の陰に合うシールを貼る問題です。

シールを選んで貼るだけでは簡単すぎるけれど、何が起きたのか、どうしてそうなったのかを考えて話してもらうとなかなか面白いです。

むすこ
青いクマはアイスを買う前にトイレに行かなかったから溶けちゃった

答えとしては、トイレに行っている間にアイスが溶けてしまったが想定しているものなのかな。

でも我が家ではトイレは食事の前に済ませるようにとよく言っているので、息子的にはそこが気になったようです(笑)


その他の届いた物

ワークの他に6月号で届いた物を紹介します。

考える遊びセット

今月号の考える遊びセットは、はんたいことばゲームでした。

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

「あたらしい・ふるい」「あつい・さむい」のような反対言葉の形容詞のカードでゲームを楽しめるもの。

裏返して神経衰弱のように遊んだり、付属の名詞が書かれたサイコロを振ってその名詞に付けられる形容詞を取るゲームが楽しめます。

神経衰弱はトランプでもよくやるので、本気で相手をしても負けてしまうこともあります😅

サイコロを使う方は、一通りサイコロの目が全て出てもカードが残ってしまったりしました。

この形容詞はどの名詞に付くんだ?といまいち分かりづらかったです💦

保護者向け冊子

青いクマはアイスを買う前にトイレに行かなかったから溶けちゃった

今月の特集は「親子の会話で伸ばす 言葉で伝える力」でした。

思考力ぐんぐんの解答も載っています。

DVDケース

【こどもちゃれんじじゃんぷ6月号】思考力特化コースの内容と感想

これは受講料の12ヶ月分を一括で支払いをした特典です。

思考力特化コースはDVDついてこないのですが、こどもちゃれんじEnglishも受講しているのでそのDVDをいれる予定です。

お知らせなどの広告類

お友達紹介キャンペーン・小学1年生講座のお知らせなどの広告類です。

おわりに

今月号は、時計・形容詞がそれぞれのワークのメインテーマでした。

時計は正時と半の読みだったので簡単そうでしたが、短い針の動きが思っていたよりも理解していないことに気づきました。

思考力ぐんぐんのワークは、ゲーム形式の問題もあったりで楽しみながら取り組むことが出来ました。

来月は、キッズワーク「数・論理」、思考力ぐんぐん「集合数」がメインテーマ。

考える遊びセットの「ならべて4ゲーム」も楽しみです😀

↓↓こどもちゃれんじ公式サイトはこちらから↓↓

// 資料請求は無料です \\

【こどもちゃれんじ】

ブログランキング・にほんブログ村へ