【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

2019年6月6日

こんにちは、ななへ(@kosodate7_blog)です!

本記事では、

簡単に作れる基本のマチなしコップ袋
幼児でも出し入れしやすいマチありコップ袋

2つのコップ袋の作り方を、裁縫初心者でも分かりやすいように写真付きでご紹介します。

コップ袋は子どもが幼稚園・保育園に入園することになると、用意することになるものの一つだと思います。
市販品でもOKな場合も多いですが、お子さんの好きな生地で作ってあげたらきっと喜びますよ😀

※今回紹介するコップ袋は裏地なしの1枚仕立てです。
裏地ありは布端の処理が不要で楽なのですが、裁断・縫製の工程が増えますし、洗濯したときに乾きにくいのでおすすめは裏地なしです!

 

マチなしコップ袋

まずは基本のマチなしコップ袋の作り方です。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

出来上がりサイズ:縦20cm×横18cm

必要なもの

布(オックス・ブロード・シーチングなどがおすすめ)
ひも

①布地の裁断

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

まずは用意した布を裁断するのですが、買ってきたそのままではなくてアイロンをかけましょう。
綺麗に縫うコツは一工程ずつアイロンをかけることですよ😀

裁断サイズは、布地に方向性のある場合とない場合の2パターンあります。

布地に方向性ってどういうこと?
ななへ
布の上下を逆にした時に、
柄の向きが反対になるものは方向性があるということ

例えば…

今回使用したこの生地は、上下逆にしたら…

ネコが逆さまになっちゃうので、布の柄に方向性ありとなります。

自分の用意した布に方向性があるかを確認したら、さっそく裁断しましょう。

裁断サイズ

・布の柄に方向性がない場合:縦49cm×横20cm(1枚)
・布の柄に方向性がある場合:縦25.5cm×横20cm(2枚)

裁断する時は、何個か作るのであれば型紙を作った方が良いですが、1つだけなら定規で測りながら布に直接書いちゃって大丈夫です!
その時は、布用の消えるペンを使って下さいね😀

②布端の処理

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

こんな感じで裁断が終わったら、布の端がほつれてこないように布端の処理をします。

ロックミシンがあれば、ロックミシンで
家庭用ミシンであれば、端処理用のジグザグミシンで、袋口の部分以外を縫います。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

(方向性のない布の場合は、左右の端の2ヶ所を処理してください。)

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

これで布端の処理は完了です。

③中表で縫う

2枚の布を、内側が布の表になるように重ねます。
(布の上下が逆にならないように気を付けて下さいね!)

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

コップを出し入れしやすいように片側にあきを作るので、
片側に布の上端から9cmのところにしるしを付けます。

縫い代は縦で1cm、横は左右分で2cmとっているので、それぞれ布端から1cmのところをぐるっと縫いましょう。
布に方向性なしで1枚の布で作っている場合も、内側が布の表になるように半分に折り、左右を縫い代1cmで縫います。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

縫えたら、アイロンで縫い代を倒します。

④あき口の処理

あき口にコの字でステッチをかけます。

あき口の部分の縫い代をアイロンで割ります。
(あきの部分で縫われていない所も出来上がりの線に合わせて折り返す感じです。)

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

布端から0.3cmくらいの位置を縫います。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

あき止まりよりも少し下まで縫って下さいね。
縫う方向を変えるときは、針を刺したまま押さえを上げて、布を回します。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

コの字で縫うとこんな感じになります。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

⑤袋口の処理

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

まずは布端から1.5cmで折り返します。
袋口をぐるっと一周折り返してアイロンをかけて下さいね。

次は出来上がりの線で折り返します。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

先ほど1.5cmで折り返した状態で、1番上から3cmの位置で折り返してアイロンをかけます。

折り返してアイロンで跡を付けたら、きわをぐるっと一周縫いましょう。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

縫ったらこんな感じです。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

袋口のひもを通す部分はこうなります。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

⑥裏返してひもを通す

これで最後の工程です。

まずは裏返しましょう。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

ななへ
袋の角は目打ちを使って出すと綺麗に仕上がりますよ

必要なひもの長さは、最低でも巾の2倍+10cmほどです。
今回は片あきタイプなので、1本で大丈夫です。

それではひもを通していきましょう。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

ひも通し用のグッズもあると、ひも通しの作業が格段に楽になりますよ。


 

でもなくても、安全ピンなどで代用出来ます。

ひもを通して結べば、完成です。

完成したもの

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

中にコップと歯ブラシを入れると…

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

中にコップと歯ブラシを入れた状態を外から見ると…

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

ひも通し口を、3cmと広めにとってあるので、あまり力のない幼児でも開け閉めしやすくなっています
その分ぎゅっと固くは閉まらないですが、中の物が落ちない程度には閉まるのでコップ袋としては問題ないですよ。

マチありコップ袋

マチありコップ袋は、コップを縦向きでも横向きでも入れやすいような大きさになっています。
大きさにゆとりがあるので、幼児でもとっても入れやすいですよ!

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

出来上がりサイズ:縦15cm×横15cm×マチ10cm

作り方はマチの部分以外は、先ほどのマチなしと同じです。

裁断サイズ

・布の柄に方向性がない場合:縦49cm×横27cm(1枚)
・布の柄に方向性がある場合:縦25.5cm×横27cm(2枚)

裁断サイズを確認したら、裁断しましょう。

工程の手順は、マチなしの①~④の終わりまで同じなので、そちらを見ながら進めて下さい。

マチを作る

マチなしの工程④まで終わりましたか?

次はマチを作ります。

袋の下の部分を三角になるように潰します。
片方ずつ作るので、反対側の角は下に重ならないようによけて下さいね。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

縫う位置を決めて、左右のマチを縫います。
③で縫った縫い目を真ん中に、左右5cmずつとなるように微調整してみて下さい。

縫えたら、余分な縫い代をカットします。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

カットした部分をほつれてこないように端処理します。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

少し面倒ですが、余分な縫い代をカットすることで収まりが良くなります。
また、洗濯後の乾きも早くなりますよ😀

これでマチは完成です。

あとは、マチなしの工程⑤、⑥と同じです。

完成したもの

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

完成したものはこんな感じです。
コロンとした丸い感じが可愛らしいですね😀

中に歯ブラシとコップを入れると…

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

余裕があるので、横向きにも入りますよ。

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

中にコップと歯ブラシを入れた状態を外から見ると…

【手作り】幼児でも簡単に出し入れ出来る!コップ袋の作り方を写真付きで紹介

きちっと入れられなくても、大きさにゆとりがあるから大丈夫!

終わりに

幼児でも簡単に入れられるコップ袋、いかかでしたか?

市販品もたくさん売っていますが、手作りならお好きな布・大きさで作ることが出来ますよ。

一度作ってみたら、意外と簡単だなってことが分かると思うので是非挑戦してみて下さいね😀

分からないことがあれば、お問い合わせお問い合わせTwitterでお気軽に聞いて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Handmade

Posted by ななへ