ママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

こんにちは、ななへです。

子育てをしていると、同じように子育て中の方との関わりが自然と増えてきますよね。

子どもが産まれるまでは地元や学生時代、趣味などで出来た友人との関わりが多いかと思います。
しかし子どもが産まれると、「ママ」という共通点のある人たちと知り合う機会がとても多くなります。

例えば…

幼稚園のママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

このように子供を通して知り合った人と親しくなると「ママ友」という存在になります。
元々知り合いだったの?っていうくらいすぐに親しくなっている人たちもいますが、
「ママ友を作るのって苦手…」と感じる人もきっと少なくないと思います。

私もママ友を作るの本当に苦手です。
子どもが幼稚園に入園してからは、ママ友という関係が築けないことがすごく気になってしまったり、そのことで悩む時間もすごく増えました。

「しんどいなぁ…」と思っていました。

だけど、私の場合は考え方をちょっとだけ変えたら、気持ちが随分楽になりました。
この記事では、私と同じようにママ友作りが苦手で悩んでいる人が少しでも楽になれるような秘訣をお話ししたいと思います。

みんながみんな同じように楽になれるわけではないでしょうが、
「こんな考え方もあるのか~」と思って読んで頂けたら嬉しいです。

ママ友が作れなくても、悩む必要はない!

ママ友作りが苦手でこの記事を読んでいる人からしたら、「えっ?」って思う見出しかもしれないですね(笑)

「どうしたら上手くママ友を作れるようになるんだろう?」とか
「他のママたちともっと馴染めるようになりたいな…」とか

そんな悩みを抱いてこの記事を読んでいる方には、その悩み自体を根本から否定してしまってすみません。

私もママ友を作ることが苦手で、今も自信を持って「ママ友」だと呼べる人はいません。
そのことで「しんどいなぁ」と思う時もありましたし、たまには困った時も確かにありました。
ママ友を作ろうと自分なりに頑張った時期もありました。

だけど、無理をしてまで頑張って作る必要はないと思うようになりました。
そして、そう思えるようになったら以前よりも気持ちが楽になったんです。

ななへ
ママ友が作れなくても、悩む必要はないと思う。
無理して作ろうと頑張らなくてもいいよね。
 

ママ友作りが苦手で悩んでいるあなたに伝えたいことは、たったこれだけです。

いきなり結論から話してしまいましたが、なぜ私がこの結論に至ったのかを順にお話ししたいと思います。

幼稚園にママ友ってそんなに必要?メリット、デメリットを考えてみる

幼稚園のママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

先ほど「ママ友は無理をして頑張ってまで作る必要はない」と話しました。

もちろん、無理せずにママ友を作ることが出来て、親しくなれるのならば良いのでしょう。
だけど「ママ友作りが苦手だ」と悩んでいる人は、そんな風に簡単に作ることが出来ないからこそ悩んでいる方が大半ですよね。

それならば、いっそのこと「ママ友は出来なくてもいいや!」って気持ちでいたら良いのでは?と思うんです。
きっとそんなことを言われても、ママ友がいないと困ることもあるでしょ?って思う方も多いでしょうね。

なので、ママ友を作らないメリット・デメリットをそれぞれ考えてみました。
ママ友って本当にそこまで必要なのかなって考える参考にしてみて下さい。

※当記事での「ママ友」は、挨拶を交わす程度の関係ではなく、特定のママやそのグループなどと連絡を取り合ったり、一緒に遊ぶなど特に親しくしている人を指すこととします。

ママ友を作らない<メリット>

ママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

ママ友を作らないことでどんな良いことがあるのでしょう。
さっそく見ていきましょう!

ママ友同士のいざこざに巻き込まれない!

共通点は「同学年の子どもがいる」ということから知り合うわけですから、年代や出身地、経歴、家族構成などバラバラで、本当にいろいろな人がいます。
会話の内容は自然と子どものことが中心になると思います。
どの親も自分の子どもが1番なので、時には子どものことでジェラシーを感じたり、対抗意識を燃やしたりすることもあると思います。
他にも、子ども同士が喧嘩をしてケガをさせてしまったり…
そういった様々なことから、ママ友同士のトラブルに発展していくのでしょうね。

LINEなどで一人だけグループから外されてしまったり、集まりに誘われなくなってしまったり、時にはデマの情報を流されてしまうなど、陰湿ないじめになることもあるようです。

もともとママ友がいなければ、そういったいざこざに巻き込まれることもないのです。

ママ友とのランチなどでの交際費がかからない!

ママ友同士で親しくなってくると、子どもたちが幼稚園に行っている間にお茶やランチに行ったりすることもあります。
もちろんお金がかかるので、ママ友とお茶をしたり食事に行く機会が増えるほど、交際費もかかってきます。
複数のママ友やママ友グループと仲良くしていたら、その分交際費は増えてきてしまいます。
交際費がかかっても問題なくて、ママ友とのお茶やランチが楽しい時間となるのならば良いですが、結構痛い出費となることもありますね。

幼稚園の送り迎え時にさっと帰れる!

ママ友同士でいつまでもおしゃべりをしている、というのは幼稚園の送迎時によく見かける光景です。
朝子どもを送った後や、子どもを迎えに行って引き取った後などに、ママ友とおしゃべりをしていると、なかなか帰り時がなかったりして長引いてしまう、なんてこともあります。
「早く帰って家のことをしたかったのになぁ…」なんて時もあると思います。

ママ友とがいないと、子どもの送迎時にさっと帰ることが出来るので、家のことや用事、下の子どもの相手など有意義に使うことが出来ます。

ママ友を作らない<デメリット>

ママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

さて次は、ママ友を作らないことで生じるデメリット、どんな時に困るのかを見ていきましょう。

1人目の子どもだと、幼稚園の行事の様子などで分からない情報がある

一人目の子どもだと幼稚園の行事などで配布されるお便りや、先生からのおはなしだけでは、細かい部分で分からないことが出てくることがあります。
例えば、運動会や発表会の場所取りの様子などです。
そんな情報は上に兄弟がいる人など、その行事の例年の様子が分かる人に聞くととても参考になります。
ママ友がいないと、そういった情報が自然と入ってこないので少し困る時があるかもしれませんね。

とは言っても、園の先生に直接聞いたら解決することも多いので、それほど心配する必要はないでしょう。

親だけが集まる総会などの待ち時間にぼっちになる

幼稚園では保護者の集まりが年に何度かあります。
参観などの子どもがいる場での集まり問題ないのですが、そうではなくPTA総会や役員決めなどの保護者だけの集まりでは、たいていは仲の良い人同士で固まって待ち時間などはおしゃべりをしています。
そんな時に一緒にいるママ友がいないと、一人でポツンとなってしまいます。
下の子どもがいる場合はその子どもに付いていればいいのですが、そうでないと少し寂しい気持ちになってしまうかもしれません。

幼稚園後や休日などにお友達と遊ぶ機会がない

ママ友同士が仲が良いと、子ども同士も仲が良いっていうことは、よくあります。
一緒に帰ったり、幼稚園後や休日に遊んだりしていればそうなりますよね。
親しいママ友がいないと、幼稚園後や休日にお友達と遊ぶ機会を作ってあげることは、なかなか難しいかもしれません。

でもそんな悩みも小学生になれば、友達と勝手に約束してきて遊んだりすることも多いのでそれほど気にすることもないのではないかな、と思います。

どうして私が「無理してママ友を作らなくてもいい」と考えるようになったのか

幼稚園のママ友作りで悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

こんな記事を書いている私も、最初から「ママ友作らなくてもいいや~」と思っていたわけではありません。
私の友人にはまだ子育てをしている人がいなかったので、ママ友とか作って子育ての悩みや情報などを話せる相手が欲しいなと思っていました。

子どもを連れて外出出来るようになってからは、近くの子育て支援センターなどによく連れて行っていました。
何度か通っていると、顔見知りのママも出来てきたりして挨拶を交わしたりちょっと世間話をしたりもしていました。
それでもママ友だよって認識人もいるかもしれないけど、私の中ではそれはママ友というより、顔見知りという感覚でした。

まだ子どもも小さくて、みんな自分の子どもにつきっきりだから仕方ないのかなとも思いました。
いつも特定のママと親しくしている人たちもいたのに、

ななへ
幼稚園に入園したらきっとママ友出来るよね!

こんな風に思っていました。

我が子は2歳半~5歳の現在までの間に、3つの園に通いました。
順番にそれぞれ書いていきたいと思います。

子どもが認可外小規模保育園に入園

子どもが2歳半の時に、2歳~4歳の子どもが対象のモンテッソーリ教育の保育園に入園しました。
保育園と言っても、どちらかというと幼稚園に近くて週に2~4回通い、そのうち半分はお弁当を持っていくシステムでした。
子どもが通っている間で子どもの人数が1番多かった時でも10人弱と、小規模な保育園でした。
少し珍しい保育園なので市外から通っている人も多く、仕事をしているから預けるのではなくて、モンテッソーリ教育を受けさせたくて通わせている人がほとんどでした。
学期ごとに懇談会があって、先生から子どもの様子を聞けたり、保護者も一人ずつ子どもの様子を話したりして交流を深めます。

この保育園では小規模なこともあって、しばらくしたら私でも馴染むことが出来ました。
部屋の一室を借りて、それぞれお昼ごはんを持参するランチ会にも数回参加しました。
みなさん良い方で、初めてまともにママたちと交流出来た経験だったと思います。
ただ残念なことに、子どもがその保育園に通わなくなってからは交流はなくなってしまいました。

3年保育の幼稚園に入園

半年間認可外保育園に通い、3歳になった4月から3年保育の私立幼稚園に入園しました。
家から距離があり、バス通園となりました。
前に通っていたところでは保育園まで送迎していたので、朝と帰りに他の保護者と顔を合わせていたのですが、バス通園になったら保護者と顔を合わせる機会がぐんと減りました。
幼稚園バスを待つ場所も、私の子どもだけが乗り降りする場所だったので顔を合わせるのは、バスに乗っている先生だけでした。

たまに幼稚園に行く機会があるのですが、その時に困ったことがありました。
普段顔を合わせることがないのでどの人がどの子のママなのか分からないんです!
そして徒歩通園の人や、上の兄弟の関係ですでに親しそうにしているグループもあったりで、人見知りの私にはその中に入ることは出来なかったです。

頑張って話しかけてみたりしたこともあったのですが、人見知りなことと、慣れるまで話すのが苦手なこともあってなかなか会話が続かなかったです。
子ども同士が仲良くて話しかけてきてくれるママもいたのですが、同じでした。
親しくなれるチャンスがあっても、上手く次の会話につなげられない自分が嫌になります。

この辺りの時期は、親が幼稚園に行く日など、「ちょっと嫌だな…」と思うようになっていました。
周りで楽しそうにおしゃべりをしている人たちと、ひとりで時間を持て余している自分との違いに少し悲しくなりました。

ななへ
私ってママ友作ること苦手なんだな…

ようやく気付きました。遅いですよね(汗)

2年保育の公立幼稚園に入園

4歳になった4月からは徒歩で通える公立幼稚園に入園しました。
私は仕事の関係で週に2回だけ、子どもを幼稚園に送迎するようになりました。
地元の幼稚園なこともあり、同級生だった人など知っているママも数人いました。
徒歩通園なので幼稚園に行けば、他のママたちと顔を合わせる生活に戻りました。

最低限のことだけど、挨拶だけはいつもするように心がけました。
それを続けていたら、一言二言会話を出来る人もちらほら出来ました。
だけど、それより親しくなることは出来ないんです。

いつになっても出来ないママ友、そしてついに気付く

3度も環境が変わって、それでもママ友が出来ないのは一体なんでだろうと考えてみました。

●人見知りで、そもそも友達作りが苦手
●自分のことをあまり話したくない
●「私と話してもつまらないんだろうな」などの被害妄想意識がある

主にこの3点のせいだな、という結論に至りました。
よく考えたら、学生時代にも友人は数人だったし元々友達を作ったり、関係を築いたりが苦手なんです。

もうね、諦めました!

ママ友が作れないことを悩んだり、無理に頑張ってママ友を作っても、結局疲れてしまいます。
本当に気の合う人同士ならば、自然と親しくなりますよね。

ママ友を作ろう!作らなくちゃ!と焦ることに疲れたのです。
ずっとママ友がいない状態でしたが、ちょっと困ったことは数回、本当にどうしようもなく困ったことはありませんでした。

ななへ
ママ友を作ろうと頑張るのはもうやめよ。

そう思うようになりました。

これまで「ママ友を作らなくちゃいけない」という謎の使命感を持っていたせいで、ママ友が出来ないことからのストレスもあったのですが、ついに開放されました。

ママ友を作りたいという思いから、これまで空回りしていたことも多かったように思います。
頑張っているのに上手くいかないというもやもやした気持ちがいつもありました。
でも無理して頑張ることをやめて、ちょっと楽になりました。

今も挨拶だけは必ずするようにしていますが、それ以外は特に頑張っていません。
それだけでも、子どもを待っている時の列で近い人と少し会話をすることも増えてきました。
そして前よりも構えず気楽に会話を出来ているような気もします。

おわりに

ママ友作りが苦手で悩んでいる人がちょっと楽になるための秘訣

ママ友作りが苦手で、そのことで悩んでいる人は多いと思います。
私も同じように悩んでいました。

「ママ友を作ろうと頑張って、でもやっぱり上手くいかない…」
「なんでママ友が出来ないんだろう?」

そんなことばかり考えていました。
とても疲れてしまいます。

私は友人作りが苦手で、人との関係を気付くのに時間がかかることに気付きました。
ママ友が作れないと悩んでいる人の中には、私と同じような人もいるのではないかな、と思います。

そんなあなたに言いたいことは、

ママ友が出来ないことでそんなに悩む必要はないし、無理して頑張らなくていいよってことです。

困ったり、寂しい気持ちになることもあるかもしれないけれど、たいていのことはなんとかなります!
そして、時間が経てばだんだんと親しくなれることもあります。

ママ友作りが苦手な私たちでも、無理せず本当に気の合うママ友が出来る日がいつかやってくるかもしれません。

時間はかかってしまうかもしれないけれど、気負わずゆっくりと、ママライフを楽しみませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へ